第4回アルテミスステークス予想 ◎ウインクルサルーテ

シェアする

 2012年に新設された2歳牝馬限定重賞。僅か3回の開催ながら上位人気3頭で決着した年はなく、初年度こそ1番人気のコレクターアイテムが勝利したが、昨年は9番人気のココロノアイが優勝し、3着にも11番人気の伏兵トーセンラークが入線して波乱の決着。

トラコミュ
アルテミスS(2015)

アルテミスS データ分析
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

関東ベテラン騎手への乗り替わり

 初免許取得年は、騎手を引退した2012年の高橋亮厩舎。開業初年度の2013年こそ2勝止りだったものの、翌年は21勝と勝利数を大きく伸ばし、今年も既に19勝を挙げて前年を上回る勢いがある。

 デビュー戦からウインクルサルーテの手綱握った秋山は、高橋厩舎では主戦級の騎手。今年は太宰の4勝に次ぐ勝利数で【3-0-3-6】の好成績を残しており、中京2歳ステークス(2番人気・3着)で敗れたとはいえ、秋山が外れる采配に違和感がある。

 今走乗り替わる善臣は、今年高橋厩舎で僅か2回の起用ながら【1-0-1-0】の数字を残している。何れもテン乗りで、該当馬の1頭ウインクルミラクル(10番人気・3着)は、サルーテと同馬主の㈱有能の所有馬。スワンステークスも含め、秋山の予定していた騎乗馬が回避した可能性もゼロではないが、関東ベテランジョッキーを起用する采配には勝負気配が窺える。

トラコミュ
天皇賞(秋)攻略

天皇賞(秋) データ分析
スワンS データ分析
アルテミスS データ分析

まぁ、参考になったんじゃねーの?という方は
 にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ
励みになるので、応援のクリックをお願いします。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする