夏は牝馬が定石?日本海ステークスの予想

シェアする

全く競馬とは関係の無い話なんだけど、いきなりTwitterからこんなメールが…
Twitterアカウントロック 強制フォローアカウント
俺なんかのアカウント乗っ取ってどーすんだよ?!つーか、お前ら誰だよ(笑)
強制的にフォローさせられてた。本当にこんなのあるんだな…
みなさんも気をつけよう。では、土曜日の予想です。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

札幌2R ◎ヘッドストロング

デビュー戦は札幌ダート1700に出走も、今走は条件変更の番組選択。
先週除外された番組も芝1800で、同コースに照準を合わせている。

予想の根拠 本田優厩舎×横山典弘

今年は【1-0-0-6】と数字が下降気味も、本田厩舎の典起用は好走確率が高い。
特にテン乗りの成績が良く【5-3-7-4】半年以上の休養馬【0-0-0-3】を除けば、
札幌開催は【2-0-3-1】と複勝率は8割以上。芝1800で3着2回、ヤラズだけが心配。

新潟11R 日本海ステークス ◎セキショウ

昨年から定量に変更されたが、ハンデ戦を含めた8年間で1番人気は【4-1-2-1】
唯一の着外も0.1秒差4着と信頼度が高いレース。
1番人気程ではないものの、【2-1-1-3】の牝馬も成績優秀。
9番人気と11番人気で2勝、全馬の着順が人気より上で、低評価馬の激走も目立つ。
鞍上にM.デムーロ迎えた唯一の牝馬、ブリンカー再装着のセキショウが本命。

予想の根拠 その1 杉浦宏昭厩舎で久々の起用

そもそも、杉浦厩舎でデムーロ起用は珍しく2011年11月以来。通算成績は【0-1-1-3】
大一番で目立つのは2003年安田記念のテレグノシス、以降は2010年まで起用してない。

前2走二桁着順、新潟競馬場開設50周年記念でブービー賞のセキショウから大野を外し、
2回新潟開催でリーディング争いのデムーロ確保が気配薄とは考え難い。

予想の根拠 その2 角居勝彦厩舎の采配

更に大野と同エージェントの蛯名が、角居厩舎のダノンフェニックスに乗り替わっている。
前走本命馬なので気にはなるものの、勝負気配強ければ岩田が外れる理由は無い。

昨年の蛯名はダノンプラチナでGI勝利と、オーナー指名も考えられなくはないが、
同厩舎は札幌記念でルメール、2回小倉7日目は浜中と小牧を起用しており、
競馬ニホン系エージェントで固めた布陣ならば、やはりデムーロ起用が自然な流れに思える。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする