第20回秋華賞予想 ◎アスカビレン

シェアする

 前哨戦のローズステークスで、弱点のスタート難を露呈したオークス馬のミッキークィーン。最後方から追走も流石の末脚で2着まで追い込んだが、近年はブエナビスタやウオッカ等の名牝も取りこぼした内回りの秋華賞で大外枠を引き当て、現在1番人気に支持されてはいるものの、にわかに暗雲が立ち込めてきた。

トラコミュ
秋華賞の展望

秋華賞 攻略
秋華賞 データ分析
3歳牝馬クラシック路線の競馬予想

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

勝負強い池添謙一

 ローズステークス当時、勝利したタッチングスピーチは、牝馬限定の500万条件を勝ち上がったばかりの伏兵に過ぎず、4着の桜花賞馬レッツゴードンキは内回りへ替わる好材料があるものの、距離延長に課題もあり、上位人気馬には少なからず死角がある。

 春のトライアル、チューリップ賞で5着(12番人気・0.8秒差)、フローラステークスは8着(11番人気・0.4秒差)とクラシック2冠へ出走は叶わなかったものの、夏を越して馬体が戻り、夕月特別で古馬を撃破して秋華賞に駒を進めたアスカビレンが本命。

 牡馬も混じった休養明けの有松特別では、直線で挟まれる不利もあり8着(5番人気・0.3秒差)に敗れると、陣営はデビュー以来手綱を握っていた秋山から、浜中に替えて夕月特別を快勝。秋華賞へ向けて展望が開けると、お手馬のいる浜中から主戦には戻さず、大一番で強い池添を手配してきた。

 中尾秀正厩舎で通算20勝以上の勝星を挙げているのは、和田(27勝)と秋山の二人だけ。秋山の騎乗機会はやや減少気味も、主戦級の騎手を退け、本番で今年初起用の池添へ乗り替わる采配に違和感を覚える。

 オルフェーヴル引退後、GⅠ勝利が遠退いている池添だが、重賞を低評価の馬で度々激走し、その存在感をアピールしていきた。乗り慣れた主戦を降ろし、大舞台に勝負強い騎手で挑む、陣営の色気と意気込みが感じ取れる。同騎手ならではの、大胆な騎乗を期待したい。

トラコミュ
秋華賞の展望

秋華賞 攻略
秋華賞 データ分析
3歳牝馬クラシック路線の競馬予想

まぁ、参考になったんじゃねーの?という方は
 にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ
励みになるので、応援のクリックをお願いします。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

コメント

  1. 秋華賞、渾身の軸・・

    我がサンフレッチェ広島は

    後半アデイショナルタイムの劇的なゴールで

    セカンドステージ首位だけでなく

    年間首位の座に躍り出ました。

    優勝するぞ〜!

    あれ

    カープ命じゃなか…

  2. 秋華賞 2015 予想 ◎18ミッキークイーン

    秋華賞2015の予想です。
    過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、
    秋華賞2015の予想を組み立てていきます。

    応援して頂けると励みになります

    (40位辺…

  3. 【競馬予想】秋華賞

    ◎〔6〕マキシマムドパリ
    ○〔11〕タッチングスピーチ
    ▲〔8〕ホワイトエレガンス
    △〔7〕トーセンビクトリー
    △〔14〕キャットコイン

    ≪馬連≫
    6−11
    6−8
    6−7 …

  4. 秋華賞(G1)最終決断

    秋華賞・・アスカビレン
    東京HJ・・サンレイデューク